【女上司エロ漫画】会社の行き遅れBBA孕ませた 無料試し読み・ネタバレ【すぺしゃるじー・チンジャオ娘の作品】

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた 人妻・熟女
すぺしゃるじー・チンジャオ娘。【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた
行き遅れ女上司エロ漫画のネタバレ・感想と無料試し読みできるサイトを紹介します。
会社の行き遅れBBAな女上司とヤってしまう部下との恋愛を描いた内容です。

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた

会社の行き遅れBBA孕ませた
▼無料試し読みはコチラ▼

※「会社の行き遅れBBA」で検索

作品詳細

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた

作品名

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた

作者

すぺしゃるじー・チンジャオ娘。

ジャンル

女上司・オフィス・巨乳・熟女・恋愛

あらすじ

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませたのあらすじ内容。

美人だけどキツい性格の持ち主で34歳になってもまだ独身の沢村秋子主任。

彼女は会社の女性社員には慕われていたが男性社員からは行き遅れBBAと悪口を言われていた。

ある日、会社の飲み会帰りに秋子と遭遇してサシ飲みすることになった部下の田中。

2人はその最中に妙な雰囲気になり、帰り道に酔って気分が悪くなった田中は秋子の家に招かれる。

急に会社の行き遅れBBAな主人を「女」として意識してしまった田中は秋子に欲情してしまい、強引に押し倒して唇を奪う―。

サンプル画像

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた
【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた
【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた
【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた
【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた
【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた

会社の行き遅れBBA孕ませた
▼続きはコチラ▼

会社の行き遅れBBA孕ませたのネタバレ

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませたのネタバレストーリー。

会社の行き遅れBBAこと女上司の沢村秋子主任は34歳の独身女性。

巨乳美人だけどキツい性格は男性社員にウケが悪く「行き遅れBBA」と陰口を叩かれていました。

そんな女上司の秋子に部下の田中は小言を言われる日々を送っています。

その週の週末に職場近くの居酒屋で飲み会が開催され、その帰り道に彼女とのデートがドタキャンされてしまいます。

仕事が忙しい彼女とのすれ違いの日々に落ち込んでた所に偶然秋子が通りかかり田中に声を掛けます。

秋子の奢りで飲み直すことになった2人。意外にも秋子は落ち込んでた様子の田中を気に掛けてサシ飲みに誘ってくれたようでした。

2人の会話は弾み、何軒も居酒屋をハシゴするうちに話題は女上司の恋愛話に。

昔はモテたけど、仕事が楽しい時期で恋愛にかまけてる余裕はなかった。行き遅れたんじゃないと力説する秋子。

女上司は部下達が自分のことをババァと陰口言ってることも知っていて、酔っぱらいながら田中に絡んできました。

その拍子にお酒が服にかかってしまい、秋子の濡れた服からブラまで濡れ透け状態に。

デカいおっぱいに目が釘付けになった田中は、思わず胸デカイっすねと本音を漏らしてしまいます。

こんな行き遅れおばさんの胸なんか見たってつまらないでしょと自嘲する秋子に向かって、田中はそんなことない!デカいの好きですと力説します。

そのリアクションに顔を真っ赤にする秋子。

2人は何か変な雰囲気になりながらタクシーで帰宅します。

その途中、酔って気分が悪くなってしまった田中を秋子が自宅で介抱してくれることになりました。

女上司の自宅に招かれた田中は、さっきの出来事で秋子のことを女として意識し始めていたので欲望が抑えきれず上司を押し倒します。

強引にキスをして舌まで差し入れ濃厚なキスを交わします。

秋子は、そんなつもりじゃないと田中を拒みますが本気で嫌がってるそぶりではない彼女の態度をみてイケると思い、まだ女上司に迫ってキスを迫ってSEXを始めました。

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた

会社の行き遅れBBA孕ませた
▼漫画はコチラ▼

会社の行き遅れBBA孕ませたの感想

すぺしゃるじー・チンジャオ娘。のエロ漫画「【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた」の感想紹介。

会社の行き遅れ女上司エロ漫画。

とても厳しいツンツンな上司かと思いきや意外にも部下思いで優しく、セックスするとデレるエロ可愛いツンデレ女上司です!

作画を担当しているすぺしゃるじーさんの熟女らしいムチムチヒロインの体型がすごくエロくて良かったです。

タイトルからして男がヤリ逃げするような話かと思いましたが、そこはチンジャオ娘さんの作品だけにとても後味の良いハッピーエンドなエロ漫画でした!

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた

会社の行き遅れBBA孕ませた
▼本編はコチラ▼

タイトルとURLをコピーしました